【モバイル版なら→ケータイ篤姫☆きらり旅
『篤姫検定』に続き『脳内篤姫』も公開!NHK大河ドラマのヒロイン『篤姫』の情報を中心に、宮崎あおいさんら大河ドラマ『篤姫』のキャスト・出演者情報やロケ地・ゆかりの地も紹介していくかな?
あると便利⇒ 篤姫出演者 篤姫年表
話題・人気⇒ 篤姫検定 天商標院 さと姫 脳内篤姫
楽ちん検索⇒  篤姫 宮崎あおい ロケ 大奥
                        和宮 堀北真希 小松帯刀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
篤姫の生きた激動の幕末をもう一度振り返ってみる特別企画「篤姫とその時代」展。今回は島津本家、徳川宗家と変動激しい篤子時代です。


篤子18歳―1853年(嘉永6年)―

◇2月8日 老女菊本自刃
◇ 20日 敬子 鶴丸城入場 島津本家へ
◇敬子 老女幾島と初対面
◆3月1日 親子の盃、篤子(篤姫)と改名
◆篤姫 薩摩五社、福昌寺、浄明寺、南林寺などを参詣
◆ 10日 斉彬 実子届けを出す
◆ 29日 今和泉領轟岬の砲台完成
◆6月3日 米国ペリー提督 浦賀に来航
◆ 9日 米国大統領の親書を久里浜にて受理 浦賀奉行 井戸弘道
◆ 22日 第12代将軍徳川家慶死去
◆7月18日 露国エバフィーミー・ワシーリエビッチ・プチャーチン提督 長崎に来航
◆ 10日 篤子参府の首途式
◆ 21日 徳川家慶死去発表
◆8月21日 篤姫出立
(鶴丸城ー弁天橋ー垂水ー志布志ー福島ー日向細島ー国東ー)
◇9月28日 篤姫 下関着
(ー丸亀ー)
◇10月8日 篤姫 大阪着
◇ 13日 篤姫 京都着
(-近江ー草津ー木曽路ー馬籠ー板橋ー)
◆ 21日 徳川家祥 西の丸から本丸へ 
◆ 29日 篤姫 江戸芝の薩摩藩邸着
◇篤姫 英姫と初対面
◇上臈年寄姉小路失脚
◆11月23日 徳川家祥第13代将軍に、家定に改名



篤子19歳―1854年(嘉永7年、安政元年)―

◆1月16日 ペリー提督 江戸湾金沢沖に来航
◆ 21日 島津斉彬 江戸へ
◆ 26日 島津安芸守忠剛死去
◆3月3日 日米和親条約締結 下田、箱館開港
◆ 3日 島津斉彬 江戸薩摩藩邸に到着
◆英国ジェームス・スターリング 長崎に来航
◆4月6日 京都大火 京都御所全焼
◇ 8日 飲酒
◇5月 入輿延期の報
◆6月14日 京都大地震
◆ 27日 徳川家定 蒸気機関車を上覧
◆7月9日 近衛忠房虎寿丸と信姫の結納
◆ 24日 虎寿丸死去
◆9月 露国プチャーチン提督 大阪
下田に来航 日露和親条約締結
◇秋 篤姫 江戸市中観覧、芝居見物



篤子20歳―1855年(安政2年)―

◇3月 花見の席で水戸徳川斉昭らと対面
◆10月2日 安政の大地震
◆10月 入輿延期の報
◆10月 堀田正睦が老中首座に



篤子21歳―1856年(安政3年)―

◆2月 阿部正弘から入輿決定の報 
◆3月13日 徳川家定 アメリカ製の遠めがねで品川沖を望遠
◆ 29日 老女幾島 針医師原田才輔らを付添して京都を出立
◆4月14日 近衛忠煕とのご養女縁組の結定式
◆ 22日 御用人平田伊兵衛 篤姫の使者として近衛家参殿
◆ 24日 北小路刑部が京都を出立
◆5月29日 斉彬 篤姫に会い、近衛家養女縁組と老女幾島下向の旨伝える
◆6月7日 近衛忠煕 養女縁組の願書を幕府に提出
◆7月 幕府より正式許可
◆ 21日 ハリス下田に入港
◆8月25日 江戸暴風雨で被害
◆9月 徳川家定と篤姫の結納の儀
◆10月28日 篤姫婚礼の内祝が近衛家に届く 
◇11月11日 斉彬と親子別れの盃
◆ 11日 篤姫 江戸城入城 北小路刑部、島津藩城代島津久宝らが見送り
◆12月18日 徳川家定と篤姫結婚
◆肝付尚五郎 小松清猷の養子となり小松帯刀清廉(きよかど)と改名



篤子22歳―1857年(安政4年)―

◆4月1日 斉彬 江戸出発 薩摩に
◆5月24日 斉彬 薩摩到着
◆6月17日 安部正弘死去
◇篤姫 さくら姫を飼う
◇篤姫 ミチ姫を飼う
◇ミチ姫死去
◆9月11日 水戸徳川斉昭 参与罷免
◆ 15日 篤姫 一橋慶喜と対面
◆10月21日 ハリス江戸城に登場し家定に謁見(通訳ヒュースケン)
◆12月 松平慶永、蜂須賀斉裕が慶喜継嗣建白書を出す




WEB向け ⇒ 
「篤姫とその時代」その1:於一時代 へ
「篤姫とその時代」その2:敬子時代 へ
「篤姫とその時代」その4:天璋院時代 へ

携帯向け ⇒ 
「篤姫とその時代」その1:於一時代 へ
「篤姫とその時代」その2:敬子時代 へ
「篤姫とその時代」その4:天璋院時代 へ
スポンサーサイト
純情きらり☆きらり旅/(ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。