【モバイル版なら→ケータイ篤姫☆きらり旅
『篤姫検定』に続き『脳内篤姫』も公開!NHK大河ドラマのヒロイン『篤姫』の情報を中心に、宮崎あおいさんら大河ドラマ『篤姫』のキャスト・出演者情報やロケ地・ゆかりの地も紹介していくかな?
あると便利⇒ 篤姫出演者 篤姫年表
話題・人気⇒ 篤姫検定 天商標院 さと姫 脳内篤姫
楽ちん検索⇒  篤姫 宮崎あおい ロケ 大奥
                        和宮 堀北真希 小松帯刀

篤姫物語いろいろ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「真ちゃん、お元気ですか?真ちゃんは町医者だとばっかり思ってましたが、本当は島津忠敬だったんですね。 にじゅうまる」

というのは冗談ですが、

この浅野妙子『大奥』は、篤姫入輿から瓦解までの幕末の大奥を、篤姫附中臈 まると、お匙 今岡真之介(通称:真ちゃん)のラブストーリーを通しながら描く傑作です。

いきなり東郷はんが出てくると「おはんは誰???」と思いつつ、いやきっと西郷隆盛の西郷にかけた架空人物かな、でも、たしか東郷平八郎も薩摩出身だったから実在の人かも・・・と考えていたはずですが、読み終えてみるとそんなことはどうでもよくなっているほど、まると真ちゃんに引っ張られます。

ちなみにフジテレビで『大奥』を放映した時の真ちゃんが岡田義徳さんだったのですが、記者発表の動画を見たら、今回の篤姫でも兄の役 島津忠敬役を演じるってことでびっくりしました。
(他放送局の作品にも人選されるなんて、ちょんまげ姿がよほど似合っているのでしょう・・・なんて。)

なお、最新のちょんまげ姿は岡田義徳さんのブログで公開中です。→篤姫出演者公式サイト

8/21追記
先日は岡田義徳さんのちょんまげ姿に動揺して、肝心なことを書き忘れましたが、東郷さんが架空の人物ということは最後の作者浅野妙子さんのあとがきで出てきますので、現実にも不安は解消されます。
スポンサーサイト
もう一人の篤姫に出会うために、もう一つの篤姫物語を読んでいく、そんなトコロ。今日は梅本育子『天璋院敬子』を紹介してみます。

ひとこと感想・・・ずばり、疲れました。

『天璋院敬子』の特徴はなんと言っても冒頭の説明どおり、
「滝川の語る」物語になっているところです。滝川クリステル
ではありません。もちろん松本方哉でもありません。大奥総取り締まり御年寄滝山です。

「天璋院篤姫」とは一味違い、滝山の目から見た天璋院敬子を描くその挑戦には敬意を表しますが、読んでいてて滝山の愚痴や同じような枕詞の台詞の繰り返しに疲れてしまい、3度くらい挫折しそうになりました。

そんなことで初日から辛口評価ですいません。

でも、「篤姫」をいろいろな方向から捉えるのには一読の価値はあると思います。
純情きらり☆きらり旅/(ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。