【モバイル版なら→ケータイ篤姫☆きらり旅
『篤姫検定』に続き『脳内篤姫』も公開!NHK大河ドラマのヒロイン『篤姫』の情報を中心に、宮崎あおいさんら大河ドラマ『篤姫』のキャスト・出演者情報やロケ地・ゆかりの地も紹介していくかな?
あると便利⇒ 篤姫出演者 篤姫年表
話題・人気⇒ 篤姫検定 天商標院 さと姫 脳内篤姫
楽ちん検索⇒  篤姫 宮崎あおい ロケ 大奥
                        和宮 堀北真希 小松帯刀

篤姫とその時代
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
篤姫の生きた激動の幕末をもう一度振り返ってみる特別企画「篤姫とその時代」展。一子、敬子、篤子、天璋院と名前の移り変わりに合わせてその時代を振り返っていきます。


―1542年(慶長8年)―

◆12月26日 徳川家康誕生 岡崎城
 →岡崎公園



―1603年(慶長8年)―

◆2月12日 徳川家康征夷大将軍に



―1824年(文政7年)―

◆4月8日 徳川家祥誕生



―1826年(文政9年)―

◆12月3日 徳川家祥を家定に改名



―1828年(文政11年)―

◆4月4日 徳川家定元服 従二位権大納言に任ぜられる
◆11月15日 徳川家定と有君の婚約



―1829年(文政12年)―

◆桂川甫賢女てや(こや)誕生



―1831年(天保2年)―

◆9月15日 有君 江戸下向



―1835年(天保6年)―

◆10月14日 肝付尚五郎(のちの小松帯刀(こまつたてわき))誕生



於一1歳―1836年(天保7年)―

◆2月19日 於一(おかつ:のちの天璋院篤姫)誕生



於一2歳―1837年(天保8年)―

◆4月2日 徳川家斉 将軍を家慶に譲る
◆9月2日 徳川家慶将軍宣下
◆9月29日 一橋慶喜誕生



於一3歳―1838年(天保9年)―




於一4歳―1839年(天保10年)―




於一5歳―1840年(天保11年)―

◇於一 兄忠冬をかばって砂を投げる
◆4月 てや 大奥に上がる



於一6歳―1841年(天保12年)―

◆1月30日 第11代将軍徳川家斉死去
◆第26代薩摩藩主島津斉宣死去(江戸高輪邸)
◇妹於熊死去
◇6月28日 老女八重島 東運寺にて御男子大願成就
◆11月21日 徳川家定と有君の婚儀
◆てや 中臈に昇進
◆徳川家祥 西の丸へ



於一7歳―1842年(天保13年)―

◇斉宣公の仮葬儀(薩摩 福昌寺)



於一8歳―1843年(天保14年)―

◆9月 水野忠邦失脚



於一9歳―1844年(天保15年、弘化元年)―

◆水野忠邦 老中首座に復帰も八ヶ月で辞任
◆5月10日 本丸御殿全焼 大奥にて てや殉職 上行寺に埋葬
◆家斉夫人 広大院茂姫死去



於一10歳―1845年(弘化2年)―

◆安部正弘(備後福山藩主)老中になる
◆12月11日 和宮 歳替後の誕生日



於一11歳―1846年(弘化3年)―

◆5月10日 和宮誕生(仁孝天皇の第八皇女)(歳替前)
◆5月24日 徳川慶福誕生(紀伊藩主徳川斉順の長男)
◆米国ビッドル提督 浦賀に来航



於一12歳―1847年(弘化4年)―

◇池田村の百姓が年貢の軽減を訴える



於一13歳―1848年(弘化5年、嘉永元年)―

◆6月10日 有君死去 上野東叡山
◆8月 和宮 歳替
◆12月18日 調所笑左衛門広郷自殺




WEB向け ⇒ 
「篤姫とその時代」その2:敬子時代 へ
「篤姫とその時代」その3:篤姫時代 へ
「篤姫とその時代」その4:天璋院時代 へ

携帯向け ⇒ 
「篤姫とその時代」その2:敬子時代 へ
「篤姫とその時代」その3:篤姫時代 へ
「篤姫とその時代」その4:天璋院時代 へ
スポンサーサイト
篤姫の生きた激動の幕末をもう一度振り返ってみる特別企画「篤姫とその時代」展。今回は島津本家の養女になるまでの敬子時代です。


敬子14歳―1849年(嘉永2年)―

◇1月2日 敬子に改名
◇菊本倒れる
◆お由羅騒動(近藤隆左衛門、山田一郎左衛門処刑)
◆11月22日 徳川家定と明君の婚儀



敬子15歳―1850年(嘉永3年)―

◆6月24日 明君死去 上野東叡山



敬子16歳―1851年(嘉永4年)―

◆2月 島津斉彬28代目薩摩藩主を継ぐ、嘉永朋党事件終結
◇5月3日 島津斉彬 薩摩出水郷に到着
◇ 14日 島津斉彬 一門四家の家族と引見、敬子 斉彬と初対面
◆7月 和宮 有栖川宮と婚約の内約



敬子17歳―1852年(嘉永5年)―

◆2月29日 斉彬 宇和島城主伊達宗城に入輿の工作を伝える書状を出す
◇3月26日 斉彬 敬子を養女にと申し出る(磯邸)
◇敬子 斉彬より頼山陽著「日本外史」を贈られる
◆5月 江戸城西の丸炎上
◆11月 江戸城西の丸再建
◆12月15日 水戸徳川慶篤と線姫の婚儀




WEB向け ⇒ 
「篤姫とその時代」その1:於一時代 へ
「篤姫とその時代」その3:篤姫時代 へ
「篤姫とその時代」その4:天璋院時代 へ

携帯向け ⇒ 
「篤姫とその時代」その1:於一時代 へ
「篤姫とその時代」その3:篤姫時代 へ
「篤姫とその時代」その4:天璋院時代 へ
篤姫の生きた激動の幕末をもう一度振り返ってみる特別企画「篤姫とその時代」展。今回は島津本家、徳川宗家と変動激しい篤子時代です。


篤子18歳―1853年(嘉永6年)―

◇2月8日 老女菊本自刃
◇ 20日 敬子 鶴丸城入場 島津本家へ
◇敬子 老女幾島と初対面
◆3月1日 親子の盃、篤子(篤姫)と改名
◆篤姫 薩摩五社、福昌寺、浄明寺、南林寺などを参詣
◆ 10日 斉彬 実子届けを出す
◆ 29日 今和泉領轟岬の砲台完成
◆6月3日 米国ペリー提督 浦賀に来航
◆ 9日 米国大統領の親書を久里浜にて受理 浦賀奉行 井戸弘道
◆ 22日 第12代将軍徳川家慶死去
◆7月18日 露国エバフィーミー・ワシーリエビッチ・プチャーチン提督 長崎に来航
◆ 10日 篤子参府の首途式
◆ 21日 徳川家慶死去発表
◆8月21日 篤姫出立
(鶴丸城ー弁天橋ー垂水ー志布志ー福島ー日向細島ー国東ー)
◇9月28日 篤姫 下関着
(ー丸亀ー)
◇10月8日 篤姫 大阪着
◇ 13日 篤姫 京都着
(-近江ー草津ー木曽路ー馬籠ー板橋ー)
◆ 21日 徳川家祥 西の丸から本丸へ 
◆ 29日 篤姫 江戸芝の薩摩藩邸着
◇篤姫 英姫と初対面
◇上臈年寄姉小路失脚
◆11月23日 徳川家祥第13代将軍に、家定に改名



篤子19歳―1854年(嘉永7年、安政元年)―

◆1月16日 ペリー提督 江戸湾金沢沖に来航
◆ 21日 島津斉彬 江戸へ
◆ 26日 島津安芸守忠剛死去
◆3月3日 日米和親条約締結 下田、箱館開港
◆ 3日 島津斉彬 江戸薩摩藩邸に到着
◆英国ジェームス・スターリング 長崎に来航
◆4月6日 京都大火 京都御所全焼
◇ 8日 飲酒
◇5月 入輿延期の報
◆6月14日 京都大地震
◆ 27日 徳川家定 蒸気機関車を上覧
◆7月9日 近衛忠房虎寿丸と信姫の結納
◆ 24日 虎寿丸死去
◆9月 露国プチャーチン提督 大阪
下田に来航 日露和親条約締結
◇秋 篤姫 江戸市中観覧、芝居見物



篤子20歳―1855年(安政2年)―

◇3月 花見の席で水戸徳川斉昭らと対面
◆10月2日 安政の大地震
◆10月 入輿延期の報
◆10月 堀田正睦が老中首座に



篤子21歳―1856年(安政3年)―

◆2月 阿部正弘から入輿決定の報 
◆3月13日 徳川家定 アメリカ製の遠めがねで品川沖を望遠
◆ 29日 老女幾島 針医師原田才輔らを付添して京都を出立
◆4月14日 近衛忠煕とのご養女縁組の結定式
◆ 22日 御用人平田伊兵衛 篤姫の使者として近衛家参殿
◆ 24日 北小路刑部が京都を出立
◆5月29日 斉彬 篤姫に会い、近衛家養女縁組と老女幾島下向の旨伝える
◆6月7日 近衛忠煕 養女縁組の願書を幕府に提出
◆7月 幕府より正式許可
◆ 21日 ハリス下田に入港
◆8月25日 江戸暴風雨で被害
◆9月 徳川家定と篤姫の結納の儀
◆10月28日 篤姫婚礼の内祝が近衛家に届く 
◇11月11日 斉彬と親子別れの盃
◆ 11日 篤姫 江戸城入城 北小路刑部、島津藩城代島津久宝らが見送り
◆12月18日 徳川家定と篤姫結婚
◆肝付尚五郎 小松清猷の養子となり小松帯刀清廉(きよかど)と改名



篤子22歳―1857年(安政4年)―

◆4月1日 斉彬 江戸出発 薩摩に
◆5月24日 斉彬 薩摩到着
◆6月17日 安部正弘死去
◇篤姫 さくら姫を飼う
◇篤姫 ミチ姫を飼う
◇ミチ姫死去
◆9月11日 水戸徳川斉昭 参与罷免
◆ 15日 篤姫 一橋慶喜と対面
◆10月21日 ハリス江戸城に登場し家定に謁見(通訳ヒュースケン)
◆12月 松平慶永、蜂須賀斉裕が慶喜継嗣建白書を出す




WEB向け ⇒ 
「篤姫とその時代」その1:於一時代 へ
「篤姫とその時代」その2:敬子時代 へ
「篤姫とその時代」その4:天璋院時代 へ

携帯向け ⇒ 
「篤姫とその時代」その1:於一時代 へ
「篤姫とその時代」その2:敬子時代 へ
「篤姫とその時代」その4:天璋院時代 へ
篤姫の生きた激動の幕末をもう一度振り返ってみる特別企画「篤姫とその時代」展。いよいよ最後、天璋院時代です。瓦解に天璋院は・・・。


天璋院23歳―1858年(安政5年)―

◆3月20日 堀田正睦 勅許を得るため上洛
◆4月20日 堀田正睦 江戸に帰る
◆  21日 堀田正睦 家定に松平慶永を大老と進言
◆ 23日 彦根城主井伊直弼 大老に就任
◆老中堀田正睦、松平忠固解任
◆間部詮勝登用
◆5月1日 井伊直弼 将軍継嗣は徳川慶福にと内示
◆コレラ流行
◆6月19日 日米修好通商条約締結
◆ 23,24日 不時登城(押しかけ登城)(一橋慶喜、田安徳川慶頼、松平慶永、水戸徳川斉昭、徳川慶篤、徳川慶恕らが井伊直弼大老に詰問)
◆ 25日 紀伊徳川慶福を継嗣に決定と公表
◆7月5日 押しかけ登場の処罰発表
◆ 6日 第13代将軍徳川家定死去
◆ 8日 薩摩藩3000上京し、軍事演習
◆ 16日 島津斉彬死去
◆ 28日 篤姫 斉彬死去の報を鎌田図書より聞く
◇8月1日 篤姫 家定死去の報を垣内豊前守より聞く
◆ 8日 戊午の密勅 朝廷が水戸藩に勅諚
◆9月2日 梁川星巌死去
◆9月 安政の大獄はじまる 源右衛門、茂左衛門逮捕
◆ 7日 梅田雪浜逮捕
◆鵜飼吉左衛門、幸吉逮捕
◆ 22日 小林良典逮捕
◆10月23日 橋本左内逮捕
◆ 25日 徳川家茂14代将軍に
◆ 26日 池内大学自首
◆11月16日 月照水死(西郷吉之助は奄美大島に流罪)
◆ 30日 頼三樹三郎逮捕
◆12月5日 吉田松陰逮捕



天璋院24歳―1859年(安政6年)―

◆1月6日 老女村岡 西町奉行所に出頭
◆2月25日 村岡 江戸檻送
◆8月27日 村岡に判決
◆9月28日 村岡許される
◆10月 江戸城本丸炎上・焼失
◆ 27日 吉田松陰刑死



天璋院25歳―1860年(万延元年)―

◆3月3日 桜田門外の変(井伊直弼大老暗殺)
◆8月14日 和宮降嫁決定
◆ 15日 徳川斉昭死去
◆11月 江戸城本丸再建



天璋院26歳―1861年(文久元年)―

◆4月 島津久光 幕政改革を要求
◆5月 水戸藩、浪士 高輪東禅寺、英公使館を襲撃
◆  小松帯刀 側役に登用される
◆10月3日 和宮の首途式
◆ 20日 和宮の婚礼行列 中山道 桂宮廷-
◆ 21日 -大津-
◆ 22日 -守山-
◆ 23日 -愛知川-
◆ 24日 -柏原-
◆ 25日 -赤坂-
◆ 26日 -加納-
◆ 27日 -太田-
◆ 28日 -大湫-
◆ 29日 -中津川-
◆11月01日 -三留野-
◆ 02日 -上松-
◆ 03日 -薮原-
◆ 04日 -本山-
◆ 05日 -下諏訪-
◆ 06日 -和田-
◆ 07日 -八幡-
◆ 08日 -沓掛-
◆ 09日 -坂本-
◆ 10日 -板鼻-
◆ 11日 -本庄-
◆ 12日 -熊谷-
◆ 13日 -桶川-
◆ 14日 -板橋-
◆ 15日 -江戸
◆和宮 浜御庭(現 浜離宮恩賜庭園)を拝見
 →浜離宮恩賜庭園(東京都 建設局HP)
◆12月11日 和宮 江戸城入城



天璋院27歳―1862年(文久2年)―

◆1月15日 坂下門の変 老中安藤信正暗殺未遂
◆2月11日 徳川家茂と和宮の婚儀
◆2月 露艦 対馬に上岸
◆4月 安藤信正辞任
◆ 23日 寺田屋事件
有馬新七らの関白九条尚忠、所司代酒井忠義殺害計画が
◆7月20日 田中新兵衛 九条尚忠家臣島田左近暗殺
◆8月21日 生麦事件
◆12月 御殿山公使館 焼失
◆小松帯刀 家老に



天璋院28歳―1863年(文久3年)―

◆2月13日 徳川家茂 上洛(将軍が上洛するのは約240年ぶり)
◆5月10日 長州藩 下関で蘭船砲撃
◆ 20日 朔平門外の変(姉小路公知暗殺)
◆6月9日 江戸城西の丸 炎上消失
◆ 9日 徳川家茂 京都出発
◆ 16日 徳川家茂 江戸に帰城
◆7月2日 薩英戦争
◆7月11日 田安亀之助誕生(江戸城内田安低)
◆8月18日 八・一八の政変 尊攘派の廷臣が一掃される
◆ 18日 近藤勇ら新撰組組織
◆9月11日 天璋院 二の丸へ
◆11月15日 江戸城本丸炎上 本丸と二の丸焼失
天璋院 家茂、和宮、本寿院と共に清水邸へ
◆ 26日 徳川家茂、和宮 田安邸へ
◆12月27日 徳川家茂 海路上洛



天璋院29歳―1864年(文久4年、元治元年)―

◆1月15日 徳川家茂 入京
◆3月 欧米の軍艦 長崎・横浜に
◆5月20日 徳川家茂 江戸に帰城
◆6月5日 池田屋事件
◆7月1日 江戸城西の丸仮立完成
◆ 19日 蛤御門の変(禁門の変)
◆3月27日 天狗党事件
◆8月 英仏米蘭の軍艦18艘 下の関砲撃



天璋院30歳―1865年(慶応元年)―

◆5月16日 徳川家茂 上洛
◆8月14日 和宮の生母観行院死去
◆9月 英仏米蘭 兵庫に軍艦を率いて条約勅許を要求
◆10月2日 徳川家茂 将軍職の辞表を提出
◆10月5日 孝明天皇 条約勅許



天璋院31歳―1866年(慶応2年)―

◆1月18日 京都二本松の小松帯刀邸で薩長同盟の打ち合わせ
◆ 21日 坂本龍馬立会いのもと薩摩藩小松帯刀、西郷隆盛と長州藩桂小五郎による薩長同盟成立
 →薩長同盟成立(鹿児島県HP)
◆ 23日 坂本龍馬 京都伏見・寺田屋にて襲撃される
◆3月 坂本龍馬 治療をかねておりょうと薩摩 小松帯刀の元に(いわゆる日本人初の新婚旅行)
◆6月7日 第2次長州征伐
◆7月20日 徳川家茂 大阪城内にて死去
◆ 25日 家茂死去の報が江戸城に届く
◆9月23日 家茂葬儀 芝増上寺へ埋葬
 →家茂公のお墓
 →増上寺の歴史(増上寺HP)
◆10月19日 和宮 薙髪して静寛院宮に
◆12月5日 一橋慶喜 徳川慶喜15代将軍に
◆ 25日 孝明天皇死去
◆坂本龍馬 小松帯刀の仲介で薩摩藩より資金援助を受ける



天璋院32歳―1867年(慶応3年)―

◇1月3日 静寛院宮 孝明天皇死去を知る
◆10月14日 大政奉還
◆11月6日 幕府が和宮の上京日を決定
◆ 9日 庭田嗣子死去
◆ 15日 坂本竜馬と中岡慎太郎暗殺
◆12月9日 王政復古の大号令
◆ 25日 薩摩藩邸焼打事件



天璋院33歳―1868年(慶応4年)―

◆1月3日 鳥羽・伏見の戦い(戊辰戦争開始)
◆ 5日 薩長軍に錦の御旗
◆赤報隊結成
◆ 12日 慶喜 大阪より江戸へ
◆ 15日 勘定奉行 小栗忠順罷免
◆ 17日 若年寄兼外国奉行 堀直虎切腹
◆ 21日 静寛院宮 朝廷に使者(土御門藤子)
◆2月1日 土御門藤子 桑名にて東海道先鋒総督兼鎮撫使橋本実梁に面会
◆ 6日 土御門藤子 京に到着
◆ 9日 倒幕軍進軍開始
◆ 16日 土御門藤子 「御返答」と「口演書」を受け取る
◆ 18日 土御門藤子 京を出発
◆ 20日 慶喜 江戸城を出て上野寛永寺の大慈院で謹慎
 →上野寛永寺
◆上野寛永寺宮、静寛院宮 総督宮に向け懇訴
◆ 30日 土御門藤子 江戸に到着
◆3月6日 15日江戸城総攻撃の宣令
◆ 10日 官軍 神奈川を越える
◆ 10日 静寛院宮 土御門藤子を橋本実梁に遣わす
◆ 13日 静寛院宮 玉島を東山道鎮撫総督岩倉具定に遣わす
◆ 13、14日 勝海舟 西郷吉之助と談判
◆ 14日 東征鎮撫軍京都出発(大総督 有栖川宮樽仁親王)
 →有栖川宮樽仁親王の横顔

◆ 14日 五箇条の御誓文
◆ 15日 川路聖謨自殺
◆4月9日 静寛院宮と実成院 江戸城から清水邸へ
◆ 9日 天璋院と本寿院 江戸城から一橋邸へ
◆ 11日 江戸城開城
◆ 11日 慶喜 水戸へ 
◆5月15日 上野戦争(彰義隊)
 →上野寛永寺
◆ 24日 田安亀之助が徳川宗家を継ぐ 徳川家達と改名
◆7月17日 江戸から東京に改名
◆ 19日 慶喜 海路駿府へ
◆ 23日 慶喜 宝台院で謹慎
◆8月9日 徳川家達 江戸出発
◆ 15日 徳川家達 駿府到着
◆ 19日 榎本武揚 品川沖を出航
◆ 23日 白虎隊自刃
◆9月8日 明治に改元
◆ 22日 会津藩降伏
◆10月13日 明治天皇 東京に到着
◆ 27日 小松帯刀 大隈重信に外国官副知事の任官を告ぐ
 →小松帯刀書簡(早稲田大学図書館HP)
◆11月 静寛院宮 明治天皇と対面



天璋院34歳―1869年(明治2年)―

◆1月11日 静寛院宮が別れの挨拶に訪れる
◆ 18日 静寛院宮 江戸出発
◆2月3日 静寛院宮 京都到着
◆9月4日 慶喜 謹慎を解かれる



天璋院35歳―1870年(明治3年)―

◆5月 東京千駄ヶ谷の徳川宗家邸へ
◆ 18日 函館五稜郭 榎本武揚 降伏
◆7月20日 小松帯刀 大坂にて死去 園林寺に眠る
 →見どころ 園林寺(鹿児島県日置市日吉町商工会HP)



天璋院36歳―1871年(明治4年)―

◆7月14日 廃藩置県 家達 知事免官
◆家達 東京赤坂福吉町相良邸に



天璋院37歳―1872年(明治5年)―

◆家達 近衛忠房の長女泰子と婚約
◇さと姫亡くなる



天璋院38歳―1873年(明治6年)―

◆老女村岡死去
◆5月5日 旧江戸城西の丸仮立である皇居炎上・焼失



天璋院39歳―1874年(明治7年)―

◆6月24日 静寛院宮 京都出発 東京へ
◆7月8日 静寛院宮 東京着 麻布市兵衛町の邸へ
◆7月 静寛院宮と5年ぶりの再会
◆11月29日 静寛院宮と会う



天璋院40歳―1875年(明治8年)―

◆11月27日 静寛院宮と会う



天璋院41歳―1876年(明治9年)―

◆勝海舟の自邸に招待される
◆12月1日 静寛院宮と会う
◆ 25日 家達 ホイットニー家に招待される クリスマスパーティーに



天璋院42歳―1877年(明治10年)―

◆2月17日 家達 クララ母子を吉町相良邸に招待
◆クララ 15歳になる老猫と戯れる
◆6月10日 家達 ホイットニー家訪問
◆ 11日 家達 英国留学
◆東京千駄ヶ谷邸完成
◆8月7日 静寛院宮 箱根塔の沢温泉へ 旅館「元湯」(現 環翠楼)
 →環翠楼の歴史(環翠楼HP)
◆9月2日 静寛院宮死去 芝増上寺
 →増上寺の歴史(増上寺HP)



天璋院43歳―1878年(明治11年)―

◆5月14日 旧加賀藩士島田一郎らにより大久保利通暗殺 

天璋院44歳―1879年(明治12年)―




天璋院45歳―1880年(明治13年)―

◆箱根、熱海へ湯治の旅



天璋院46歳―1881年(明治14年)―




天璋院47歳―1882年(明治15年)―

◆10月19日 家達英国留学より帰国
◆11月6日 家達と泰子の結婚



天璋院48歳―1883年(明治16年)―

◇珊瑚の玉の簪を泰子に
◆11月20日(16日?) 天璋院死去 遺骸は上野寛永寺
 →上野寛永寺



―1884年(明治17年)―

◆3月 家達の長男家正誕生



―1983年(昭和58年)―

◆2月25日 宮尾登美子『天璋院篤姫』 日本経済新聞夕刊に連載開始



―1984年(昭和59年)―

◆5月1日 宮尾登美子『天璋院篤姫』 連載終了(全352回)
◆9月 宮尾登美子『天璋院篤姫』 講談社より刊行
◆10月 東京宝塚劇場にて『天璋院篤姫』上演
篤姫役に山本富士子さん



―1985年(昭和60年)―

◆1月3日 テレビ朝日にて『天璋院篤姫』放映
篤姫役に佐久間良子さん



―2003年(平成15年)―

◆6月 フジテレビにて『大奥』放映
篤姫役に菅野美穂さん



―2006年(平成18年)―

◆6月 「純情きらり」撮影中の宮崎あおいさんに篤姫役のオファー
◆8月 宮崎あおいさん 篤姫役承諾
◆9月2日 2008年のNHK大河ドラマ「篤姫」の主演発表
再来年の大河「篤姫(あつひめ)」のヒロインに桜子宮崎あおいさん



―2007年(平成19年)―

◆4月25日 NHK『その時歴史が動いた』で天璋院篤姫を放映 篤姫役に岩崎ひろみさん
(ちなみに同月15日に吉田メタルさんとご結婚とのことでおめでとうございます)




WEB向け ⇒ 
「篤姫とその時代」その1:於一時代 へ
「篤姫とその時代」その2:敬子時代 へ
「篤姫とその時代」その3:篤姫時代 へ
参考文献

携帯向け ⇒ 
「篤姫とその時代」その1:於一時代 へ
「篤姫とその時代」その2:敬子時代 へ
「篤姫とその時代」その3:篤姫時代 へ
参考文献
純情きらり☆きらり旅/(ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。