【モバイル版なら→ケータイ篤姫☆きらり旅
『篤姫検定』に続き『脳内篤姫』も公開!NHK大河ドラマのヒロイン『篤姫』の情報を中心に、宮崎あおいさんら大河ドラマ『篤姫』のキャスト・出演者情報やロケ地・ゆかりの地も紹介していくかな?
あると便利⇒ 篤姫出演者 篤姫年表
話題・人気⇒ 篤姫検定 天商標院 さと姫 脳内篤姫
楽ちん検索⇒  篤姫 宮崎あおい ロケ 大奥
                        和宮 堀北真希 小松帯刀

篤姫の素顔
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大奥ミステリーについに天璋院篤姫にも登場です。

2007年12月19日(水) 21時00分~22時48分
テレビ東京
超歴史ミステリーロマン 大奥Ⅲ
「天璋院篤姫は島津のスパイだった!?」

スパイ・・・って、もともと篤姫は島津家の人間なんてことは百も承知で正室に迎えているのだから驚くことではないでしょう。

「小栗上野介は実は島津のスパイだった!?」

だったのなら、びっくりするけど・・・

すこし脱線しましたが、今回はなんとダンナと養子を篤姫が・・・想像するだけでも怖い・・・。(過度の想像だったことを祈ります。)

家定と十四代将軍・家茂の不審な死を紐解くと、そこには篤姫と、その背後にひかえる島津家の陰謀が浮かび上がってきた…。



次回は、
天璋院篤姫オトコ説でもどうでしょう。
「島津の分家に産まれた一之介(かつのすけ)は16歳まで島津安芸家の三男としてたくましく育ったが、島津斉彬の命により性を偽り、姫として徳川家に嫁ぐことになるが・・・

大奥での生活も2年を過ぎたある日、家定公にばれて口封じに・・・」

と結局行きつくところは暗殺説になってしまいそうなので面白くないですね。


スポンサーサイト
予定通りですが、その時歴史が動いたで天璋院篤姫を再放送します。
ずばりポイントは天璋院篤姫をふたりっ子岩崎ひろみさんが演じているところ。
ふたりっ子と言えばマナカナが「だんだん」のヒロインになって騒がれているけど、岩崎ひろみさんの眼の演技がよかった。

平成20年1月16日(水)
22:00~22:43
その時歴史が動いた
「大奥 華にも意地あり~江戸城無血開城・天璋院篤姫~」



前回見逃した人は必見です。

なお、1月9日はこれまた大奥のアンコールで天英院と月光院のバトルを放送予定。
この放送では天英院を称えていますが、浅野妙子脚本で御なじみの映画版『大奥』では月光院(井川遥どん)のがいい感じ。(まあ映画は定番の江島生島事件がメインお話でしたが)
[続きを読む...]
宮崎あおいさんの見た篤姫の肖像画とは?
今日はコレをテーマにしてみます。

篤姫“大奥姿”を初披露

来年の大河ドラマ篤姫で主役を演じる宮崎あおいさんが大奥での着物姿を初披露、番組のポスター撮影に臨みました。

宮崎あおい「篤姫の肖像の写真というか肖像画をちょっと見たことがあるのですけど、それを自分の中では思い浮かべながらやったところがありますね。」
(NHK総合テレビ 11月10日放送 「土曜スタジオパーク」「まるごとNHKフラッシュ」コーナーより引用)



さて、天璋院篤姫の肖像画としては川村清雄による肖像画が徳川宗家に存在されるようです。前述の二十日様(天璋院の命日)に飾られたそうです。肖像画は保科順子「花葵 徳川邸おもいで話」でご覧になれます。

また、天璋院篤姫の写真も存在し、尚古集成館にあります。写真は篤姫 NHK鹿児島放送局の篤姫コーナーに表示されています。
篤姫公式サイトリンク集

どちらも少しお年を召されて感じなので、宮崎あおいさんの篤姫ポスターと比較するのは無謀です。
時は東京になってからのお話。

天璋院のお伴で、所々へ行つたよ。八百善にも二三度。向島の柳屋へも二度かネ。吉原にも、芸者屋にも行つて、みンな下情を見せたよ。(海舟語録)



八百善は「天璋院篤姫」と同じ宮尾登美子さんの小説「菊亭八百善の人びと」でもおなじみですが、篤姫も行っていたのですね。
純情きらり☆きらり旅/(ポータルサイト広告欄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。